女性からサービスするほうがいい理由は?

日本人の男性はスマートなスキンシップが苦手です。
西欧だとレディ・ファーストなので、男性から女性の手をとります。それに比べれば日本の男性は不親切に思えるかもしれません。

実際のところ西欧社会では、財布をにぎるのが男性だからレディ・ファーストなのです。
財布をにぎる立場にある以上、いろいろな面で余裕があるため、ちゃんとサービスができるわけです。

でも日本においては、交際の当初こそ男性がデートのお膳立てをしたりとサービスしますが、交際が長くなったり、結婚すれば、女性が財布をにぎる場合が多いです。
それに伴って、金銭的にも精神的にも余裕のなくなった男性は、どんどんサービス精神を失っていきます。

とは言え、本来男というのは、女性であるお母さんに育てられたため、女の人にホメられたいと思ってます。男は単純な生き物です。
ならあなたがお母さんのように精神的な支えになるようなサービスをして、男性を働かせ、もっと稼がせたらすごくお得ですよね。

男をおだてる賢い女になれば、出会った男性を盛り立て、
精神的余裕が持てるようにサポートすれば、将来はとってもお得

人とつき合うことは、自信がなかろうが、恥ずかしかろうが、自分をさらすことになる。男も女も今、どんどんそれを恐れていないだろうか。
「お見合いじゃなくて、自分が好きな人に出会えれば、いつでも結婚したいとは思う。これまで人と住もうとは思えなかったんです。
親と住んでるときはウソついて生きてたから、一人でいるときがラクでしょうがない。
そうすると、いくら好きな人とはいえ、もう一人同じスペースにいるとなると、気を遣っちゃうんじゃないかなって不安がすごくあったから。
でも、一人暮らしもずいぶん長くなったし、一人でいることにも慣れてしまって、最近それが逆にすごく寂しいなと思うときがある。
本心言うと結婚したいんです。

参考:
FA001_L