浮気がバレたときの対処方法

FA161_L

もし浮気がバレたらどう対処しましょうか。

これはもう「してません」と言うしかないし、それがルールです。正直に認めてしまえば、相手は手のつけようがないほどの状態になるでしょう。
相手と別れたくないのなら、余計に言わないほうがいい。つまり浮気というのは、バレちゃいけないのです。
でも基本的にバレる。複数回重ねれば、ほぼ間違いなく浮気はバレるんです。
バレたらもう、謝るしかない。「なんで黙ってたんだ」「心配させたくなかったの」
女でも男でも同様。ただ謝るだけ。

ぜったいに浮気はしないし、ぜったいに許さない、といった姿勢は大切です。

あなたの浮気がバレたとしたら、とにかく謝るのみ。カレが謝ったら、浮気をした理由をしっかり聞きましょう。自分に非があれば前向きに成長して下さい。
ただし、許す許さないとは別の話ですが・・・・・・。別れてもで別の相手を探すことも出来ますしね。
バレて謝るのがイヤなら、浮気はすべきじゃない。よほど慎重にです。

否定と謝罪が浮気のルール

「子供についての私の気持ちは隠して、私は絶対自分の子供には好きなようにやらしてあげたい、外に出たいんなら行かせてあげたいって母に言ったら、プチッて切れたらしくて、
母は泣きながら怒ってましたね。今だって十分好きなようにしてるのに、これ以上何が文句あるのって……」

竹内さんの母親は実家の店を手伝っていたりはしたが、就職の経験はない。本当は外に出たかったけれど、祖父母が厳しくてできなかったのだ。だから自由にしろというよりは、
〃お母さんだって我慢したんだし、家族は、家というのはそうやって脈々と受け継がれていくんだ〃という感覚で、竹内さんも最終的には我慢するのが当然という感覚なのだという。

FA161_L
相互リンク開く


結婚には勢いが必要

彼は「ウチの親はふだんから大人なんだから自分で決めればいいって言ってる」と言い、数日後にはさっさと親に話を通してきたのだという。「今すぐってことじゃなかったんだけど、私も何年待ってっていう年でもないし、彼の仕事の都合で式を挙げるなら春しかないっていうんで、勢いに乗っちゃおうかってことになったんだ」周りの友人の多くは、一年は考えたほうがいいと言ったが、一人だけ、〃勢いをつけなかったらそのままになっちゃうよ〃と、すぐに結婚することを勧めた友人がいたという。「これを逃したらっていうような切迫した気持ちがあったかっていうと、そうでもない。でも、私、何回も転職とかしてるじゃない。で、就職情報誌とか見てて、世の中がどれほど二十五歳過ぎた女に厳しいかって知ってるわけ。私はキャリア志向もないし、自分の仕事を見つけて一生働こうっていうようなタイプじゃないんですよ。結婚すれば、会社行くの嫌だって実家に帰って親に気を遣うこともないし、守ってくれる人や帰る場所がある……。そんなぬるま湯からは抜け出せないってくらいの魅力あることではあるよね。だって、二十五歳のときより、三十五歳になれば世間の風の冷たさもわかってくるし、これがあと十年たって四十五歳になったらって思ったら、一回はやっぱり結婚しとこうって気持ちがなかったわけじゃない。やってみて、ダメだったらやめたっていいわけだしね」
コミュニケーションは大切です。←で、出会った結婚相手であってもコミュニケーションが出来ていないと幸せな時間は長くは続きません。

DY088_L

とにかくマメな彼

そうこうしているうちに三十五歳になってしまったのだ。そして、今の彼と再会したときには、幸運にもたまたまだれともつき合っていない時期だった。「会社の帰りに駅へ向かう道でバッタリ会ったの。〃アレッど-してるの?″って話になって、車だからって彼に途中まで乗せてもらったのね。それで連絡先を交換したんです。五歳も年下だし、向こうも年上の人とはつき合ったことがなかったらしくて、最初はお互い異性という感覚がなかったんですよ。彼はウィークデーは出張が多くて、夜は暇だから電話でよく話すようになって、土日にこっちに戻って来たときに数回デートしたくらい。そしたらある日、彼に〃つき合ってみない?″って言われたのね」そのときは、彼への恋心はなかったという。が、とにかく彼はマメだった。お店に入いればゆったりした方の席に彼女を座らせてくれたし、出るときには必ずコートを着せてくれた。家まで送るのは当然だし、毎日のように電話もくれた。彼の誠実さに徐々に心が動いて、つき合ってもいいかなと思い始めた。ここが肝心のところである。さすがに年の功なのか、きちんと言いたいことを言う性格なのかは定かではないが、彼女はそのとき、きちんと彼に念を押したという。「どういうつもりでつき合うのかって聞いたのね。私はキャリアウーマンとかじやないから、結婚しないわけじゃないし、お見合いだって一つの手段だと思ってるって……。そしたら、彼もこのままずっと続いたら、ゆくゆくは結婚を考えてるって話になったの……。でも、私は一度相手の親に反対されてすごく嫌な思いしてるから、親とかが反対したらどうしてもがんばろうなんて気は絶対ないからねって、ハッキリ言ったの」素敵な結婚相手をで、見つけても結婚後に問題は発生した場合、ここに書いてあるように意外と改善に手間がかかります。気を付けましょう。

DY078_L

二十五歳という年齢

親からすれば、それには二十五歳という年齢はギリギリだったのだ。「アメリカに行って、やっぱりいろいろ変わったとは思う。現地で会った日本人を見ても、年齢もタイプも違う、日本にいたら決して出会わないような人たちと出会ったし……。それに日本では当時、女の子は一人でレストランに入ると変な目で見られるような時代だったけど、向こうは何でも自分って国だから、そんなこと夢にも考えられない話だったし約束の一年が終わり、日本に帰る時期が来た。が、吉川さんはもっとアメリカにいようかとずいぶん迷ったという。「仕事のあたりもつけてて、こっちがやる気ならアメリカで働けるようにもなってた。でも、ちょうどそのころアメリカに遊びに来た古い友人とつき合うことになって、彼は待てないって言ってたから、結局彼のほうを選んで帰って来たんです」ところが、彼の親の猛反対にあい、結局結婚は成立しなかった。それ以降、親もしつこく結婚を勧めたし、本人もその気ではあったけれど、結婚にいたるような巡り合わせはなかったのだという。
コミュニケーションは非常に重要ですので、これからここで→出会う結婚相手とはコミュニケーションを途切れないよう気を付けましょう。

「いつも切れ目なく彼はいたんだけど、だからってそんなに切羽詰まってすぐに結婚しようとは思わないじゃないですか。
逆にこっちがすごく結婚したいってときには、たまたまはぐらかされたりしてたんだと思う」

DY059_L

見合い結婚

竹内さん自身も、まったくそれがわからないではない。が、どうしても見合い結婚は嫌なのだという。
「親の知り合いの人が仲介してお見合いするとなると、ヘタな行動はとれないっていう意識があって、会話とかでもつい気に入られるような返事をしちゃうんです。
最近はお見合いの一日だけやり過ごせばいいんだって、ウソついたり、自分の気持ち輻したりするのにも慣れ始めてて、そういうのって身体に悪いなと思いますよ」
結局、本音の本音は親と住みたくないということなのだ。だから、親がからむ人間関係も拒否したくなる。
夫婦間で問題が発生したら、このように解決までは精神的にも肉体的にも大変ですので、で、相性ピッタリの結婚相手を見つけましょう。

■□■□■□コラム■□■□■□
ところが、人間はどうでしょうか。いわゆる性ホルモンが分泌される点は後述するように動物とかわりませんが、人間はそれによって生殖行動にかりたてられることもなく、また、動物のように一定の時期にかぎられることなしに、年中いつでも妊娠する能力をもっています。しかも、人間は、生殖行為を意識しておこなう、ということを忘れてはなりません。こどもを生むか生まぬかを選択する自由がそこから生じ、人間はさらに現在では、動物の交尾とはまったく異なった方法で、受精を可能にすることさえできるのです。人工授精が、それです。生殖のメカニズムにおいて、この受精にいたる過程すなわち生殖行動様式が、このように動物とちがうということが、人間の生殖をほかの生物とはまったくといってよいほど、別のものにしています。そして、このちがいによってはじめて、人間における性と生殖の分離も可能となるのだ、ということを知らなければなりません。逆にいえば、性と生殖を分離できない人間は人間的でない、といってもいいすぎではないことになるでしょう。

DY048_L

生殖の仕組み

MIX46005

原始生殖細胞は、男子では精原細胞として睾丸に存在し、女子の卵細胞が胎児のうちに増数期といわれる増殖期を終わってしまうのと反対に、成熟期にいたってようやく分裂増殖をはじめます。哨数期、生長期、成熟期、変態期などをへて完成された精子となり、精嚢に貯えられます。
精子は頭部と尾部によって構成されていて、女性生殖器内に射出されると、尾部の運動によって子宮内にはいり、さいごには、まっていた卵と合体して、ここに受精が完了するわけです。受精卵は子宮壁に着床し、母体からの栄養によってさらに分裂増殖をつ?つけて胎児に成長してゆきますが、これを受胎といいます。
生殖のメカニズムに関する、以上のような生理学上の事実は、おそらく哺乳類動物におけるものと大差はない、ということができるでしょう。しかし、右にみてきたメカニズムのなかで、見おとすことのできない点として検討する必要のあるのが、受精にいたるまでの人間男女の行動にほかなりません。
出会いのチャンスはここにあります。→結婚相談所 比較 が、そこから先は自分で頑張らなきゃならない。ここを読んでいるあなたなら大丈夫。
動物は本能的に生殖行動をおこします。交尾がそれで、一年のうちに一回ないし二回の発情期があり、発情ホルモンの分泌によって、生殖行動にかりたてられるのです。
もちろん、衝動のままに行動にかりたてられるそれらの動物が、それを生殖行為として理解できるわけではありません。

MIX46005

どこからが浮気になるのだろう?

FA158_L

男女の間の永遠のテーマである浮気。
浮気といっても、どこからを浮気と認識するのでしょう。
肉体関係を持てば明らかに浮気だと思いますが、その境界線は人それぞれです。

女性によっては「他の女の人と飲みに行ったらもう浮気」と言う人もいます。
恋愛中であっても結婚相談所 選び方 で知り合った交際している相手と違った異性と飲みに行く相手の行為は、「心配で」と気にする人が多いのはわかります。

グループでならともかく、2人だけで飲みに行った時点で、そこそこの割合で浮気の第1歩になるのも事実です。
2人きりで話をする機会を持てば、恋愛の始まる可能性が高いので・・・・・・。それと男から見れば、「手をつなぐと浮気」という感覚があります。

さて、あなたが他の異性と2人だけで飲みに行くとして、カレに許可をとるべきでしょうか?
「あとでバレるのがイヤだ」「ウソをつきたくない」と事前に言うのも考え方ですが、何もないなら余計な波風を立てないためにも黙っていたほうがいい。黙っているのも思いやりなのです。

「浮気」でないなら波風を立てないのがルール

「親には悪いけど、子供は欲しくないんです。そしたら、友だちというか恋人のままでいられるんじゃないかなって期待してる」
結婚するなら二人でいて居心地のいいスペースが持てる関係でいたいと思う反面、家と家の釣り合いという部分も頭にはある。
そういう意味で親に反対されたら、自分の意志を押し切れないだろうという。

FA158_L

求められるのに弱いタイプと浮気

FA042_L

自分に自信があるかどうか、という部分と浮気は密接に関係しています。
実は男性でも女性でも、自己イメージの低い人ほど相手の押しに弱い傾向があります。
たとえば女性なら、自信がないということは、向こうから求めてくれるのに弱い。

「告白されたからつき合った」みたいに受け身の人が多いのです。
男性だとお誘いを受ければすぐに受けますし、アタックにはコロッと落ち、自分から気持ちを出せない。

出会い系 サクラいない で出会って「好きだ好きだ」と言われて断れず、ついつい浮気してしまうというパターンの人たちなんです。
「モテる人は浮気する」「カネ持ちは浮気する」と思っているでしょうが、そういう人は意外に浮気しません。
モテる人は若いころたくさんの恋愛を経験していますから、自分が恋愛で大切にしたいことが明確です。
そういう人は、結婚したらとても家庭的になる場合が多いのです。

モテる人ほど実は浮気をしない

パートナーが欲しいなって思う。頼って頼られて安心していられる……私が二人でいると気遣っちゃうっていう気持ちもとつばらえるようなパートナーが欲しいなって……。
それが、やっぱり結婚って形だったらいいなと思う。結婚ってちょっと保証みたいなのがあって、崩れるようなことがあっても元に戻れるような気がする。
だから同棲ってのは怖くてできない。たとえば結婚だったら、安直な考えかもしれないけど、ただ二人で暮らすのよりは保証がずっとあると思う。
それだけの決断をして結婚したんだから、簡単には別れられないような信頼関係があとからついてくるんじゃないかなって……

FA042_L

女性からのサービスは浮気につながる?

FA043_L

カレの携帯電話のメールや着信をチェックしないと、気のすまない女性もいます。
そういう女性は意外に男性に尽くすタイプが多いです。不安だから尽くすという裏返し。それが拘束になっている。
私は尽くしている、でお互いに求めて出会ったし、こんなにサービスしてるのだから大丈夫と安心したい。

そういう女性は意外に浮気されます。浮気の原因のかなりの部分は拘束にあると言えるでしょう。
つまり相手をチェックするほど浮気されるのです。相手にとって怖い人ほど浮気されるわけ。強いところから逃げたいのが浮気だから。
拘束はいけないし、連絡をチェックするほど浮気心をくすぐってしまう。

だとどうやって浮気の兆候を知ればいいのでしょうか?
これも皮膚力です。皮膚力とは気づく力であって、空間認識能力です。皮膚力を高めていれば相手の変化を自然とつかめます。
肌合いの変化で浮気なんか簡単に見抜けます。皮膚力を磨けば浮気もされないし、精神も安定します。

浮気の兆候を感知するのも皮膚力

彼女の話を聞きながら、男の子って昔からそうだったのだろうかと、ふと気になった。出会う男女のだれもが、最初から電撃的な恋に落ちるわけではない。
けれども少なくとも十年前、私がそのくらいの年のころは、とりあえずいいなと思ったら、
強烈にアタックし、とにかくつき合っちゃうという積極的な男の子が多かった気がする。
もちろん男の子のほうは、とにかくエッチしたいといったヨコシマな考えもあったと思う。でも、最初のそんなヨコシマから、恋や結婚が生まれた例も多いはずだ。

FA043_L

女性からサービスするほうがいい理由は?

FA001_L

日本人の男性はスマートなスキンシップが苦手です。
西欧だとレディ・ファーストなので、男性から女性の手をとります。それに比べれば日本の男性は不親切に思えるかもしれません。

実際のところ西欧社会では、財布をにぎるのが男性だからレディ・ファーストなのです。
財布をにぎる立場にある以上、いろいろな面で余裕があるため、ちゃんとサービスができるわけです。

でも日本においては、交際の当初こそ男性がデートのお膳立てをしたりとサービスしますが、交際が長くなったり、結婚すれば、女性が財布をにぎる場合が多いです。
それに伴って、金銭的にも精神的にも余裕のなくなった男性は、どんどんサービス精神を失っていきます。

とは言え、本来男というのは、女性であるお母さんに育てられたため、女の人にホメられたいと思ってます。男は単純な生き物です。
ならあなたがお母さんのように精神的な支えになるようなサービスをして、男性を働かせ、もっと稼がせたらすごくお得ですよね。

男をおだてる賢い女になれば、出会いがない 社会人 で出会った男性を盛り立て、
精神的余裕が持てるようにサポートすれば、将来はとってもお得

人とつき合うことは、自信がなかろうが、恥ずかしかろうが、自分をさらすことになる。男も女も今、どんどんそれを恐れていないだろうか。
「お見合いじゃなくて、自分が好きな人に出会えれば、いつでも結婚したいとは思う。これまで人と住もうとは思えなかったんです。
親と住んでるときはウソついて生きてたから、一人でいるときがラクでしょうがない。
そうすると、いくら好きな人とはいえ、もう一人同じスペースにいるとなると、気を遣っちゃうんじゃないかなって不安がすごくあったから。
でも、一人暮らしもずいぶん長くなったし、一人でいることにも慣れてしまって、最近それが逆にすごく寂しいなと思うときがある。
本心言うと結婚したいんです。

FA001_L

« Older Entries